スポンサーサイト

  • 2010.11.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鳩山の後は菅さんで・・・

  本日午前、鳩山氏が正式に辞任を表明した。
 後継代表―首相は、前記事でも書いたように、菅直人氏に決まるだろう。
 私は小沢氏が菅氏を推す代わりに自分を閣内に入れることを要求すると思う。
―選挙直前の時点でかどうかはわからない―小沢氏は幹事長を辞めたばかりだ。

しかし、小沢氏の発言権のない民主党など「ウナギの入ってないうな丼」−誰かさんの得意の表現だが―のようなもので、小沢抜きで、前原、岡田などが活躍する民主党は只の第二自民党にすぎない―この両者は米国の裏の権力者たちに大変気に入られているという意味では、小泉純一郎と大差ない―

小沢封じが行われる可能性は・・・ありうる―が、私の勘では、いずれ小沢氏は復権すると思う―それが必要だということは菅氏にも分かるはずだ。

小沢封じが行われるの可能性がある点と、もう一つ私が気になることは、昨日TVで見た菅氏が、あまり元気がなさそうだった―暗い表情だった―ということだ。

政治家―特に政治家トップの首相クラス―には強いリ―ダ―シップが必要だ。
第一級の政治家には、必ずこれが必要とされる。

もともと市民運動家出身の菅氏には「人をぐいぐい引っ張っていくような力強さ」が欠けているように思われるが、これが裏目に出なければいいがと心配する。

まあ、菅氏に決まるかどうかはまだはっきりしないので、これ以上のことは書くことは意味がないだろう。2日後の民主党両院議員総会を見守ろう。

鳩山の後は・・・

昨日、「鳩山は終わった」という記事を書いて保坂展人氏のブログにT.B.を送ったが、保坂氏はすぐに私のtbを採用してくれた―そして、私の声が全国に響いたわけでは、もちろん、ないだろうが―「鳩山vs福島瑞穂―の対決は断然、福島瑞穂が政治家として筋が通っている」という声が日本中を覆ったのだと思う―今日はすでに民主党内からも鳩山退陣論が広がっている状況だ。

仮に明日にでも鳩山退陣ということになれば、おそらく後継の首相は菅氏しかいないだろう。7月の選挙は目前だ。民主党内と国民が納得する人は菅氏しかいない。

 小沢―首相は今の時点では無理だろう。
 
 鳩山政権が国民から最終的に支持されなくなったのは、小沢氏を政権内に入れなかったことが大きい―小沢抜きで「友愛政治」ができると本気で思ったのが間違いだった。

 小沢さんはとにかく一定の発言権を持たなければいけない。

菅首相―小沢外相(副総理格)でどうだろう。本格的組閣は選挙後でもいい。

この骨格だけ決めて選挙に臨むしかない。これで民主党が負けても仕様がない。日本人の意識がそのレベルだということだ。

私は小沢氏が好きというわけではないが、100%アメリカ様の言いなりの政治を―自民党時代から鳩山時代までずっと見せつけられた―一度小沢氏に権力を預けてみたらいい。

 (蛇足)―私は本来は左側の人間です―外相は藤田幸久氏にやってもらいたいのが本音ですが、これが実現する―とは思っていない。


鳩山は終わった

  鳩山首相が福島瑞穂大臣を罷免したことを受け、5月30日午後、社民党は民主党との連立を解消することを決定したようだ。
 だからというわけではないが、私は鳩山民主党を支持するのを止める。
 
 以下私が鳩山氏を支持できない理由を列挙してみる。
1.鳩山氏は原発推進の立場であり、九州電力、四国電力でもプルサ―マル方式の―プルトニュ―ムを燃料に使う―発電が開始されている。

2.鳩山氏は日米同盟を深化させると公然と言っている。普天間問題の決着のさせ方は自民党以上に強権的であり、方向も間違っている。

3.私がブログを書き始めた直接のきっかけは安倍政権下で行われた「教育基本法改悪」が許せなかったことだが、民主党はこの法律を元に戻そうとはしていない!

―1.2.3をみる限り民主党は自民党となんら変わることがない保守政党だということが分かる。

いくつか左派らしい政策もとられているが―高校授業料無償化など―それはそれとして評価するとしても、何というか鳩山政権は「感激」の無い政権である。
 民主党が政権をとって9カ月が経過したが、私の周りの人たちをみるとこの政権を積極的に支持している人は極めて少ない-―ほとんどいない―

私の個人的な生活とも関係してくるが、自営業者でこの政権を支持している人がどれだけいるだろう?―自営業者にとっては、リ―マン・ショック後の景気の落ち込みは直接生活に響いている―というより生活を脅かしている―!

おそらく大ブルジョアの鳩山氏にはこのことが―実感としては―分かってないと思う。

鳩山政権は長くないと思う。そのあとに来るのは「菅」あたりかもしれないが、早くも消費税Upを口にし始めているこのひとにも期待はできない。

私はプロフィ―ルを明らかにしていないが、社会的地位もない60歳の人間だ。貧しい初老の人間でも明るい未来が見えるなら生きていける―だが明るい未来は見えない・・・

もう一つ、どうしても我慢がならないことがある―警察、検察の横暴が庶民レベルにまで及んでいることだ。駐車禁止の取り締まりは非常に厳しくなっているし、昼日中、警官が街中を徘徊しており、職務質問されている人も見たことがある。

ジョ―ジ・オ―ウェルの「1984」の世界がもうすぐそこまで来ているのではないか?


不可解極まる「韓国哨戒艦沈没事件」

 

AFP
May 27, 2010

MOSCOW — Russia will not support efforts to punish North Korea for sinking a South Korean warship until it is fully convinced Pyongyang was behind the incident, a foreign ministry spokesman said Thursday.

“We need to receive 100 percent proof of North Korea’s role in the sinking of the corvette,” the spokesman, Igor Lyakin-Frolov, was quoted as saying by the Interfax news agency.

“Our specialists are currently studying the materials of the investigation. We need to draw our own conclusions about what happened. Everything will depend on the situation and the body of evidence.”

 この英文ニュ―スは Alex Jones のサイトからの引用だが、ロシア政府は―韓国の哨戒艦(Corvette)の沈没が北朝鮮の仕業であることが100%証明できなければ、北朝鮮に対する制裁(Punish)は支持しない―と言っている。日本、韓国、米国などのメディア、政府高官達のヒステリックな「北朝鮮悪玉説」とは違って、極めて冷静である。―というか第三国から見て当たり前の見解であろう。

「哨戒艦沈没事件」は米国国務省長官、Hillary Clinton が5月21日来日し、3時間の滞在の後、中国に向かい、中国で「第2回米中戦略・経済対話」を行っている最中に発生し、問題化した。―ヒラリ―・クリントンは丸々5日間中国に滞在し、帰米途中に、韓国で、北朝鮮に対して制裁を匂わす強硬発言をしている。日本では、鳩山首相が―こういうこともあるのでしょうがないだろう―とでも言いたげに、普天間の代替施設を、沖縄―辺野古付近にと決定してしまった。

 冒頭の英文ニュ―スを読んで、冷静に考えてみると、私のような疑り深い人間は、この「事件」は「普天間問題」を強引に決着させるための、「米韓」連携の(自作自演の可能性のある)陰謀ではないかと思ってしまう。

 ―参考までに―沈没した韓国艦船のすぐ近くに、米国の原子力潜水艦も沈没しているという情報もあるので、実際に何が起きたのかは、今のところ、確実なことはほとんど何も分かっていない。


21世紀は陰謀の時代?

 北朝鮮と韓国が臨戦体制か?―というニュ―スが海外メディア(Al Jazeeraなど)でも報じられている。
 韓国の哨戒艦が北朝鮮の潜水艦の魚雷で沈められたと韓国側が主張したことで、大問題に発展しているのだ―
 韓国の哨戒艦が沈没したことは間違いないようだが、それが本当に韓国の主張するように、北朝鮮の潜水艦の雷撃によるものかどうか?
―私には韓国側の主張が信じられない。

この事件は、鳩山首相が5月末までに普天間問題に決着をつけると宣言していたこと関係はないのか?―日本にとって、政治的に大変微妙なこの時期になぜこのような事件が降って湧いたように起きたのか?―勘ぐりすぎかもしれないが、以下のような情報を目にすると、裏に隠されたなにかがある可能性は否定できないと思う。
http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323/35104496.html
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2010/05/post_220.html

金融危機―これからの世界

 2008年のリ―マン・ショック以来世界は同時不況の様相を呈している。21世紀の世界はどうなるのか?―これを考えるのに大変参考になる本を見つけた。―広瀬隆氏の「資本主義崩壊の首謀者たち」である。

以下、読書メモですが・・・

*広瀬氏は金融崩壊の最大の責任者は財務長官Robert Rubin とLawrence Summers―Bill Clinton時代の財務長官―であるとしている。
この2人は1999年に金融サービス近代化法を制定して、銀行と証券会社の兼業禁止(1933年のGlass-Steagal法)を撤廃させた。

*2000年には米国富裕層1%が全米の富の20%を占めた。注目すべきことは、このように貧富の格差が急拡大したのが、息子Bushの時代ではなく、その前のClinton時代だったという点―

*Rubin、Summersと現在の財務長官Tim Geithner(ティム・ガイトナ―)―さらにクリントン時代のFRB議長Alan Greenspan、現在のFRB議長Ben Bernanke(ベン・バ―ナンキ)―米国経済を牛耳ってきた人たちがすべてユダヤ人であるということ―私はユダヤ人を差別する気は毛頭ないが、現実に米国(世界)の経済を動かしている人(大物)はほとんどすべてがユダヤ人である―Wikiで調べればわかること―Summersは、父方の伯父に、高名な経済学者Paul Samuelson(ノ―ベル経済学賞受賞者、ユダヤ人)、母方の伯父にKenneth Arrow(ノ―ベル経済学賞受賞者、ユダヤ人)がおり、両親とも経済学者であり、Summers自身財務長官退任後は、ハ―バ―ド大学学長になっている―Summersは英米風の名前だが、実は本来の名はSamuelson で父親の代に改名している。

*現在の金融システムが持っている投機腐敗の構造を根絶しない限り、これからも金融犯罪による貧困は、地球上から無くならない―広瀬氏はそう言います。

*−170頁から引用―

エコノミストたちが指摘していない重要なポイントがあります。それは、これら金融界の第一線で取引する人間たち(ディ―ラ―)の多くが、歴史的にファミリ―を構成して、先物取引などのデリバティブ価格を「集団的に操作している」ことです。それらの取引は、業界内部の上層部同士が通じ合ったファミリ―関係と、利害関係から成り立つもので、明らかにすべてが暗黙のインサイダ―取引きであると断言してよいでしょう。―中略―このシンジケ―トを、国際金融マフィアと呼んでいます。この人間関係は、系図を調べたことがない人には分かりません。これら欧米の系譜資料は、大部分が国会図書館に所蔵されていますが、誰も使った形跡がなく、書棚に出ていない閉架図書などは完全に死蔵されたまま眠っています。日本の経済界と金融界が、それらの系譜を調べることもなく欧米人とビジネスを展開して、私たち庶民の金を含めて巨額の資金をウォ―ル街に投資してきたことは、驚くべき無知としか言えません。

追記―Paul Volcker (ポ―ル・ボルカ―)―83歳―オバマ政権の経済回復諮問委員会委員長―1979年から1987年までFRB議長だった―もユダヤ人―
結局1979年から現在に至るまでFRB議長―日本でいえば日銀総裁に当たる―がすべてユダヤ人であることが判明!


官房機密費問題

 TBSの、ニュ―ス23Xという番組で、小渕内閣時代に官房長官を務めた野中広務氏が「官房機密費」の問題について語ったようである。

マスメディアはほとんど報じないし、ネットの世界でも、ブログで記事にしたのは―私の知る範囲内では―副島隆彦さんしかいない。
まずは問題の大枠を知っていただくために、上杉隆氏に登場してもらう―
http://www.youtube.com/watch?v=TrSIHYr3zkI

そして、官房機密費なるものが、いかに怪しげなるものか、知ってしまった武村正義氏―細川内閣時の官房長官を務めた―のご意見・・・
http://www.youtube.com/watch?v=8WIbv566qKw

武村正義氏は、日本の政界から排除するように、米国側から圧力のかかったことのある人物で、今も政界の表舞台に登場できないでいる。(なぜ米国が武村を嫌うか私にはわからない)

自民党政治は終わった。
官房機密費は、今は、民主党が使える立場になっている。―直接、この金を扱うのは平野官房長官である―

鳩山首相は「4月からこの金の出入りをチェックし、一定期間を経たら公表する」と言明している。

今までノ―・チェックだったので、首相の言葉が実現するなら、日本の政治は民主化(情報開示)に向けて、一歩前進することになる

(そもそもが怪しげな性質の金なので「いつ、誰に、いくら」という詳細な情報が表に出ることはもちろん、無いであろうが)

不可解な検察審査会の議決

 今回の小沢一郎氏についての、検察審査会の議決文には不可解な点がいくつかある。
1.申告人が「甲」とのみ記されており、誰かは特定できない点―小沢憎しの思いがあるものなら誰でも「可」ということだろう。
2.議決文が小沢氏を「絶対権力者」と決めつけている点。
3.逆に、自分たちを「善良な市民」と言っている点。
4.11人全員の一致した意見となっている点。

2,3,4から―11人が、本当にくじで選ばれた一般市民なのかどうか?―ということに疑問が湧いてくる。

検察審査会の制度自体は、以前からあるもので、昨年5月に法改正があり、それなりに役割を果たしてきたことは確かだ。

しかし、今回の小沢氏の件での議決は、あまりにも政治的に「色がついた」議決のように見える。

今回に関しては、そもそも会議が開かれたのかどうかさえ疑われる。

裁判所(東京地裁)の事務局を信じるしかないが、昨年3月3日の小沢氏秘書逮捕からの流れから考えると、すべてが同じ方向を向いているので―小沢一郎つぶしという点で―今回の東京第五検察審査会の議決もある種の「陰謀」の可能性もありうる。

東京地裁はこの疑いを払しょくする為にも情報開示するべきだろう。―まったくの密室で、すべて匿名で、政治情勢に影響する議決をするのはおかしい―せめて守秘義務を持った、(複数の)第三者を立ち会わせるべきだろう。


ふじふじのフィルタ―さんがいい記事を書いておられます
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/http.html

検察審査会の議決

 検察審査会の議決―小沢氏の「事件?」について―が出た。11人全員一致での「起訴相当」だそうだ。
 実は、私は「検察審査会」に淡い期待を持っていた。それは「高知白バイ事件」の最終的な解決は検察審査会に頼るしかないと考えていたからだ。しかし今回の小沢氏の件―私は「事件」などと言いたくない―での「検審」の議決をみると、この制度の危うさを感じずにはいられない。
 数年前から「裁判員制度」が話題になり、多くのリベラル系のブロガ―がこのそれに反対しているのを、私はあまり共感できずにいたのだが、「裁判員制度」と「検察審査会」の制度は共通の欠点を持っているのではないかと、今になって考えるようになった。

1.両者ともまったくの法律の素人が、無作為に選ばれる点。―素人だから司法官僚にいいように操られる危険性がある。―また無作為に一般市民の中から選ばれるので―「さっさと済ませたいと」考える市民が多いのではないかとおもわれる。
2.「裁判員制度」のことはよく知らないが、今回の「検察審査会」の議決では氏名はおろか経歴も何も公表されなかった―性別が男6人と女5人だということくらいしか彼らについては知ることができない。

 「裁判員制度」にしても、いずれ、「死刑」判決が出る時が来るだろう。また今回の小沢氏についてに「議決」は日本の政治の流れを大きく変える可能性がある。
 幕末ではないが、「検察審査会」という名の「新撰組」に小沢氏が、匿名で、斬り殺される―という可能性も出てきた。
 私は小沢氏の潔白を100%信じているが、この1年、マスコミに世論誘導されてきた一般市民は「小沢はグレ―」だと思っている人が多いだろう。そういう人は「検審」はよくやったというだろう。
  
私は9・11以来―ネットを通じて―いかに世界に謀略が多いかを知るようになったが、私のような人間は少数派にすぎない。

 7月の参院選まで後わずかしかない。5月、6月、7月、そして参議院選挙後の日本、世界はどうなるのか―私は無神論者だが―神のみぞ知る―である。

http://www.youtube.com/watch?v=GZ6qZYRGUww

日本にジャ―ナリズムはない?

 最近コピ―が多くて手抜きのように見えるでしょうが、大変、重要な内容のものばかりです。http://www.youtube.com/watch?v=Wr9CF7d6P1k


http://www.youtube.com/watch?v=Oi5cU8AhuU0

日本は一体どういう国なんでしょう?


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM